40代女性が太りやすい2つの原因とそれを防ぐための4つの方法

40代女性が太りやすい2つの原因とそれを防ぐための4つの方法

 

 

若い頃ずっとスリムだったのに40代頃から急に太り始めた、なんて焦る方も実はかなり多いです。

 

認めたくはないけれど、いわゆる「中年太り」ってやつです。

 

お腹周りや腰周りに肉がつきやすくなって…見た目にも明らかに変化があらわれるんですね。
急に太りやすくなる、その原因は一体なんなんでしょうか。調べてみたところ大きく分けて二つの原因があることがわかりました。

 

  • 加齢によって基礎代謝が落ちたから
  • 女性ホルモンの低下によるもの

 

ひとつめの基礎代謝、を簡単に説明すると、基礎代謝量というのは「エネルギーを効率的に使える量」のことを指します。

 

食べてもエネルギーをうまく使うことができれば…太りませんよね。
老化によってエネルギーをうまく使うことができなくなることによって太りやすくなってしまうんです。

 

女性の場合は30代後半から顕著に基礎代謝量が落ちます。
つまり、若い頃と同じように食事をしていたら、ただそれだけで太ってしまう、というわけなんです。

 

 

次に女性ホルモンの低下についてですが、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが減ることによって、
満腹ホルモンであるレプチンが減少し、空腹ホルモンであるグレリンというものが増加します。

 

 

満腹ホルモンが減り、空腹ホルモンが増える…もうお分かりですね?
食欲がアップしてしまうんです。

 

エストロゲンの減少が始まる40代頃になると、
内臓脂肪が増え太ってしまう女性が多いんです。

 

ふたつの原因を併せて考えると、とにかく40代女性は太りやすくなる、ということ。

 

それに気付いて気をつけない限り、普通の暮らしを送っているだけでどんどんお腹が出てきてしまうんです。
…考えただけでも恐ろしいですね。

 

 

でも諦めないで!40代でも体型維持、ダイエットは可能です

 

 

  • 食生活を気をつける
  • 運動をする
  • 姿勢をよくする
  • しっかり眠る

 

ひとつめの食生活は、高たんぱく低脂肪を心がけること!

 

また、満腹になる一歩手前で食べるのをやめる、つまり腹半分目を意識することが大切です。

 

食べ過ぎた、と感じたら次の日の食事は量を少なめにする、
など、自分の摂っているカロリーに目を向けて「気をつける」ことが大切です。

 

運動については、続けられるものを。

 

 

姿勢を良くするだけでも消費カロリーは変わってくるんですよ。
だから正しい姿勢でのウォーキング、が手軽に始められるのでおすすめです。

 

睡眠については、寝ないと…太りやすくなるんですよ。

 

ここにもまたあのレプチン、グレリンが出てきます。

 

ホルモンですね。睡眠不足になるレプチンが減り、グレリンが増加します。
女性ホルモンの低下と同じような現象が起こり、脂肪を溜め込みやすくなってしまうんです。

 

食事については多少の我慢も必要になりますが、それ以外は健康のために大切なことばかりですね。

 

 

たくさん動いて7時間程度の睡眠をとる、
そのことを心がければ40代でも急激に太る、なんてことは起こりにくくなるのです。

 

 

 

その生活に慣れてきた頃運動量を増やせばダイエットすることも可能です。
諦めなければ…まだまだ変わることはできるんです。